普通の犬だと思って救助した10歳の少年。その正体を知って驚愕した。

10

advertisement

ある日、学校から家に帰る途中で、ジェームズは何かの音を聞きました。それは、水の中で何かが動いているような音です。気になった彼は、その音が聞こえてくる方に向かいました。そこでジェームスが見たものとは、溺れかけている犬の姿だったのです。

すでに疲労しきった様子の犬は、助けを求めるような表情でジェームズに訴えかけます。それを見た彼はすぐに犬の元へと近づき、川から犬を助け出しました。しかし、その犬は川から上がった後も動こうとしません。

advertisement